MENU

OSAKA EVESSA

OSAKA EVESSA

MENU
NEWS

NEWS

HOME>ニュース>GAME>B.LEAGUE チャンピオンシップへの道:5/05(金)

B.LEAGUE チャンピオンシップへの道:5/05(金)

 
  • wildcard_02.jpg

琉球ゴールデンキングス vs 大阪エヴェッサ

シーズンシリーズ:大阪エヴェッサ 5勝1敗

bjリーグ時代よりいくつもの激戦をチームの歴史に刻んで来た相手・琉球ゴールデンキングス。bjリーグ初年度から3連覇していた大阪エヴェッサの4連覇を阻み、その勢いのまま初優勝を手にした琉球。大阪にとって因縁の相手と言って過言ではない。その琉球と、チャンピオンシップ最後の椅子をBリーグ元年に争うことになったのは必然だったのかもしれない。

共に前節を落とし、直接対決で決することになった両チーム。シーズンシリーズでは大阪に分があるとはいえ、最初の4戦は全て2016年に行われ、その間琉球は立て直しを図って来た。直近3月の節では1勝1敗で終えたことを見ても、力の差は拮抗していると言える。

今節、並々ならぬ覚悟を持って挑むチームだが、その中でも、#14橋本 拓哉は、4月9日にスターティング5に再び名を連ねてから調子を上げて来ている。直近7試合での2ポイントフィールドゴール成功率(以下、2FG%)は51.5%とシーズン平均の45.2%より上げてきている。得意の3ポイントシュートは少しなりを潜めているが、その分、平均リバウンド3本(シーズン平均2.2本)、アシストも3.71本(シーズン平均0.98本)とディフェンスや、周りを使うプレーなど、Bリーグ1年目の成長ぶりが伺える。

もう一人、#2橋本 尚明にも注目したい。昨年末に負傷して以来、調子の波があったが、直近5試合の2FG%は53.6%と平均42.6%から上げてきており、持ち前のドライブからのレイアップなど、終盤にきて復調したと言っていいだろう。そしてオフェンスリバウンドの平均がシーズンの0.56本から1.00本まで伸ばしており、インサイドでの仕事ぶりが目立ち始めている。これに得意の執拗なディフェンスを加えれば、相手は手こずることになるだろう。

そして、キャプテン・#1今野 翔太。琉球との戦いにはいつもそのコートに立っていた。今シーズン、シューティングガードの他にスモールフォワードというポジションも任され、序盤は思うようにプレーできなかった時もあった。さらにキャプテンの重責も負う中でのBリーグ元年のシーズン。そんな中でも黙々と練習を重ねてきた。「プロは結果を出してナンボ」をいつも地でやってきた彼にとっては、語るよりもプレーで体現してきた。ベテランらしく”consistency(安定)”したプレーをチームにもたらしてくれるだろう。

あと1つ。
因縁のライバル・琉球ゴールデンキングスを撃破して、大阪エヴェッサがBリーグ初のチャンピオンシップ進出なるか!

大阪エヴェッサの応援はもちろんですが、他チームの動向も同時にスポナビライブでお楽しみください!

今、各試合会場の様子を見ることの出来るスポナビライブにご加入いただくと、B.LEAGUE FINAL 2016-17まで、無料でご覧いただけます!
お家でザッピング、試合会場で友人と他会場の様子をチェック・・・様々なお楽しみ方法がありますよ!

  • スポナビ