MENU

OSAKA EVESSA

OSAKA EVESSA

MENU
NEWS

NEWS

HOME>ニュース>OTHER>大阪府内児童福祉施設のこどもたちへ バスケットボールおよび2016-17大阪エヴェッサホームゲームチケットを贈呈

大阪府内児童福祉施設のこどもたちへ バスケットボールおよび2016-17大阪エヴェッサホームゲームチケットを贈呈

 

いつも大阪エヴェッサへの応援ありがとうございます。

このたび、大阪エヴェッサオフィシャルプレミアムパートナーである株式会社サカイ引越センター様のご協力のもと、社会福祉法人 大阪府社会福祉協議会様へバスケットボールおよびホームゲームチケット贈呈式を実施いたしました。
この取り組みは、7シーズン前より継続しております。 

  • 160906_01_01.jpg

    バスケットボールおよび2016-17大阪エヴェッサホームゲームチケット贈呈式
    (社会福祉法人 大阪府社会福祉協議会様、株式会社サカイ引越センター様、大阪エヴェッサ出席者)

目的

“大阪のこどもたちにバスケットボールを通じて夢や希望を与えていきたい”

生で観る試合の迫力や、選手の喜怒哀楽の表情、ファン・ブースターのみなさまの歓声、ベンチの動き、審判のジャッジメント…。

大阪エヴェッサの試合により多くの大阪のこどもたちを招待することで、コートと観客席が近いアリーナの臨場感を体験していただきたい。
ボール1つあればプレーできるバスケを身近に感じていただきたい。

そして、夢や感動、元気を与え、たくさんの笑顔を生み、バスケットボールの振興に寄与することを目的としています。

日時


2016年9月5日(月)14:00~

場所


社会福祉法人 大阪府社会福祉協議会2階ボランティアホール

出席者
社会福祉法人 大阪府社会福祉協議会 児童施設部会部会長 伊山 喜二様
児童施設部会副部会長 西田 幸市様
常務理事 井手之上 優様
児童福祉施設部部長 西原 弘将様
児童福祉施設部主事 長三 紘平様
児童福祉施設部 中井 皇希様
株式会社サカイ引越センター 専務取締役 中野 秋代様
西日本本部次長 安部 典之様
贈呈について

贈呈先:社会福祉法人 大阪府社会福祉協議会様を通じて大阪府内児童福祉施設のこどもたちへ
贈呈品:バスケットボール20球、2016-17シーズン大阪エヴェッサホームゲームチケット200枚

選手コメント

キャプテン 今野 翔太
プロスポーツである野球、サッカーがこどもたちに夢を与えてきており、バスケを通じてもたくさんのこどもたちに夢を与えていきたいと思います。
こどもの頃、スポーツ選手の姿を見て憧れてきました。
今度はプロバスケ選手となった自分が、このチケットで観戦に来てくれるこどもたちを含め、一生懸命プレーしている姿を魅せていきます。

久保田 遼
選手にとって、コートで表現してナンボです!試合を見ているこどもたちに色んなものを感じてもらえたら嬉しいです。
その中で夢、希望、そして憧れられる存在にならなければいけない。
B.LEAGUEは、一つになって、これから大きくなっていく発展途上ですが、選手としてももっと飛躍しないといけないと考えています。
全力でプレーし、最後までパワーを出し切り、選手として突き詰めてやっていきたいと思います。